トップ お花屋さんNAVI について 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




お花屋さんNAVI花の贈り物の選び方 > 花を贈るときの基本の心得

花を贈るときの基本の心得

花を贈るときの基本の心得の画像

「花を贈りたい」と思うとき。
それはきっと、あなたにとってとても大切な人への、大切な場面でのプレゼントでしょう。

花を渡したとき、封を開けたとき、「うわあ、嬉しい、ありがとう!」と言ってくれたら、心から喜んでくれたら、贈ったあなたも、とても嬉しくなりますよね。

それは、贈る相手の方が「これは、自分のためだけに、あなたがくれたお花だ!」と感じたときです。

ではどうしたら、そんな風に感じてもらえる花を贈ることができるでしょうか?

花を贈るときに大事なのは、次の5つを考えること。

1:「なぜ」どんな理由で、花を贈りますか?
2:「誰に」贈りますか? あなたにとってどういう人ですか?(あなたとの関係)
3:その人は「どんな」人ですか? 性別・職業・性格・好み(趣味・服装の好み)は?
4:「いつ」贈りますか?
5:「どこで・どんなふうに」贈りますか? シチュエーションを詳しく

花屋さんが、上に挙げた5つのポイントをしっかりと聞いてくれ「あなたと、贈り相手の方にとって、そのときにベストな花」を提案してくれる「いいお店」であれば、「花屋さんにこの5つの内容を伝え、おまかせすること」が、最大限のパワーを発揮します。

でも、残念ですが、すべての花屋さんがこうした「プロ意識」をもっているわけではないのが現状です。
そこで、次のどちらかの方法を選択しましょう。

A:●「あたり」の花屋さんを選んで、『上の5項目を花屋さんに伝え、オーダーメイドを頼む』
(*参考:■花屋さんと花の選び方  2・良い花屋さんの選び方

B:●『あなた自身で、5項目から「その日の相手の方にピッタリな商品」を選び出して購入する』

▼なお、日本には、「お悔やみ」や「お見舞い」の際には、古くからの慣習があるため留意しましょう。

<お悔やみのお花の基本マナー>
<お見舞いのお花の基本マナー>



▼ほかの用途の場合のポイントはこちら

<お祝い・記念日の花を贈るとき>
<母の日の花を贈るとき>

スポンサードリンク
お花屋さんNAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。