トップ お花屋さんNAVI について 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




お花屋さんNAVI花の扱い方の基本 > 鉢植えの育て方の基本

鉢植えの育て方の基本

鉢植えの育て方の基本の画像

植物を育てる基本の考え方は、「生まれ故郷にいるようにしてあげる」こと。

お花屋さんで売っている花は、「家(生まれ故郷)」から連れてきていると考えて「家」に帰してあげるつもりで「出身地となるべく近い環境にしてあげる」のです。

「環境」=「温度・日当たり・水の量」を、なるべく出身地と近くしてあげます。

水も肥料も日光も、「あげればあげるほど良いのでは"ない"」ことに気をつけましょう。 全ての植物に共通して「こうすればよい」という画一の答えは、じつは、ありません。



●基本的な植物の育て方
1・冷暖房の風は避け、自然の風が通るところに置く
2・その植物にとって適当な明るさ・日当たりの場所に置く
3・その植物にとって適当な土の水分を保つ
4・その植物の生まれ故郷に近い温度の場所に置く

日当たり・水分量・適温は「その植物によって違う」ので、植物名で検索をして、出身地の環境を調べます。
そして、できるだけ出身地の環境に近くなるように、移動したり調節をしてあげます。

たとえば、サボテンのように「日当たり良く雨のない場所」に住んでいた植物は、同じように「良く日が当たり、でも雨は当たらない場所」に置いてあげます。肥料はいりません。

スズランのように「森の木の下の湿った土に生え、ひっそり木の下で咲く花」ならば、同じように「木の下や日陰に置いて、土が乾ききらないように」してあげます。

日本の平地にふつうに自生する植物なら、話は簡単。そのまま地面に植えてあげるのがベスト!
それで日当たりも水も温度も「その植物にとってちょうど良い」ので、あなたは「何もしなくてよい」ことになります。

極端に南国や北国生まれの植物でなければ、基本的には戸外に置いたほうが元気に育ちますよ。

具体的なQ&Aはこちらでご紹介しています

スポンサードリンク
お花屋さんNAVIについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。